海外旅行へ行く際のフライトでの楽しみの1つ,機内食の有無は気になる所です。その調べ方と、自分が乗るフライトの機内食がうまいかまずいかのポイントとなる「キッチン」はどんな所で調理されているのか、そんなことをここで知ることができます。世界の航空会社ではどのように機内食を作っているのでしょうか。

気になる!海外の機内食ってうまい?まずい?機内食有無の調べ方・時間帯について

海外行きの機内食の有無の調べ方とうまいまずいはどこで決まる?!

海外へのフライトでの楽しみといえば機内食ですが、それが出るかどうか、機内食の有無の調べ方、そして、機内食のうまいまずいはどんなことによって決まるのかということを、見ていきましょう。

海外行きの機内食の有無の調べ方はどうすればいい?

基本的に、大手航空会社であれば機内食は航空料金の中に含まれているので出ますが、そうではないこともあります(特に米系は要注意)。その機内食の有無についての調べ方で手っ取り早いのは、航空会社に直接確認をとることが一番で、正しい情報を教えてくれます。

しかも、機内食は、月毎やシーズン毎など、決められたクールによってメニューを変更します。ですので、メニューもほぼ決まっていますから、それを聞くこともできてしまいます。

親切な航空会社であれば、航空会社のサイトから直接予約したのであれば、予約をした時点で機内食の有無が書かれていることもありますので、もう1度アイテナリーをチェックしてみると、小さくですが書かれているかもしれません、確認してみましょう。

また、LCCの場合は、基本的には飲食物すべてが有料となります。例え長距離フライトであってもそうなることがおおいので、有料でも機内食は用意されているのかどうか、どんなメニューがあるのか直接キャリアに聞いておくと安心です。

機内食のうまいまずいは一体何で決まるの?

機内食のうまいまずいは正直、個人的なものとなりますので、あなたの舌に合わなければまずい、合えばうまいということになります。ですが、一般的に機内食の中でもうまいといわれているものに関しては、研究されています。

機内食アワードのようなものもありますから、特にアジア系航空会社というのは、サービスに力を入れているので、機内食に関しても開発部が用意され、おいしい機内食を提供しようと努力しています。

そういった機内食は見た目や味付けにもこだわっていますから、多くの人たちから支持されています。逆にまずいとされる機内食は、例えパン1つとってもパサパサだったり、あまりにも味付けが濃すぎたり薄すぎたりするものは、やはりインターネット上などでも評判は悪いです。

これから自分が乗る航空会社の機内食が上手いかまずいかを知りたい場合は、周りの友達で、それに乗ったことがある人がいればその人に聞き、そうでなければ、インターネットに書かれている意見を参考にするのも良いでしょう。ただし、すべてを鵜呑みにしてはいけません。

飛行機内での楽しみである機内食はどんなもの?うまい?まずい?

飛行機に乗った時の楽しみに機内食があります。国内線では上級クラスでしか出てきませんが、国際線においては多くの航空会社において食事やドリンクが提供をされます。しかし、食べたときに美味しいと感じるのかまずいと感じるのは人それぞれです。なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

機内食のうまい・まずいを決めることになる料理をしている場所

飛行機の中で楽しみの1つである機内食ですが、当然、うまい会社とまずい会社があります。一概にどこの航空会社がうまいまずいとは言いにくい部分がありますが、1つ決めるものになるのがどこで料理をしているかです。

機内食というと出発地で作られているイメージがありますが、実際には出発地で往復分を積み込んでくる会社も多いです。中国や韓国の航空会社ではこの制度を採用しているところが多く、当然味付けも現地の味付けがベースになっています。

一方で、日系航空会社は日本を出発する段階で作って積み込んでいるので日本風の味になっています。海外の航空会社では、会社によって利用をしているケータリング会社が異なり、それでも味は違います。

エコノミークラスにおいて、機内食の美味しい会社で評判が高いのはシンガポール航空エミレーツ航空です。機内食の口コミを専門にしているサイトもあるので、実際に見てみて美味しそうな航空会社を選んで乗るもの1つの方法です。

機内食の有無の調べ方は直接聞くかホームページで探す

国際線に乗るときに機内食があるのか、ないのかは場合によって死活問題になります。そのため、心配な人は事前に調べてから搭乗をするのが安心です。日系の航空会社であれば、航空会社のホームページで簡単に調べることができます。

日付と路線名を入れると機内食の有無だけでなく、ドリンクのメニューも検索可能です。当日どのようなものが提供されるのかも写真付きで紹介されています。コールセンターでも事前に教えてもらうことができます。

海外の航空会社になると会社によって異なります。そこで心配であれば機内食の写真を取り揃えているレビューサイトやブログが参考になります。当日のメニューを知ることはできませんがおよその内容は把握することができます。

格安航空会社においては基本的に機内食はないというのが一般的です。機内食が必要であれば、航空券の予約をするときに一緒に注文をしておくか、飛行機に乗ってからメニューを見て購入をすることになります。

LCC海外格安航空の機内食について・・

海外格安航空券を手配した場合は、機内食が無い場合があります。

特にローコストキャリアのエアラインでチケットを購入した場合は、フライト時間が短い場合も含め、機内食は別で販売という方法を取り入れてる場合があるからです。

また事前にネットから食事は欲しい人は、それにチェックを入れて先に機内食を購入する事も出来るので、それがデータで送られている為、飛行機に乗っている時に機内食は出てきます。

しかしそこで要らないを選択している場合は、料理は出てこないので、食べる事が出来ないのです。

それでは食べ物を持ちこむ事は出来るのでしょうか?

これはローコストキャリアのエアラインにも寄るのですが、機内に食事の持ち込みは出来ませんと表示されているフライトも海外にはあります。

けれども軽食のスナックやお菓子、水のペットボトルなどでしたら持ち込んでもそこまで注意される事はないという事です。

日本発のローコストキャリアのエアラインでも空港のコンビニで購入したからあげやおにぎりを持って入っても大丈夫な場合もあるようです。

フライト時間が短い場合は、多少お腹が空いたとしても、現地に付けば空港で食べる事も出来ますし、目的地のレストランに着くまで我慢も出来るかもしれませんが、長距離のフライトになれば、我慢は辛くなってしまう場合もあります。

そのような人の為に、機内で食べられる食事を現金かクレジットカードで購入出来るというエアラインもあります。

また、海外格安航空券をネット上で買っている時は、食事は必要がない!と思っていても、機内で欲しくなってしまう場合もあれば、他の人が食べている匂いなどでお腹が空いてしまう場合もあるでしょう。格安航空券もネットで航空券を購入する事ができ、現在人気の航空券販売サイトですが、使用する際の機内食については十分に気を付けてください!

その時には、機内食が売りきれてしまう前に買って食べて置くといいと思います。

また、日本の新幹線のように、お菓子や飲み物を売りにカートが通るというエアラインもあるので、お菓子を買ったり、飲み物やジュースも買う事が出来るので、いいですよね。

機内食は、要らない場合もありますが、欲しいなと思う場合もあります。

しかし要らないのに出てくる場合よりは、欲しい時に購入出来る方が気持ち的にもいいものですよね?

このように臨機応変に対応出来るローコストキャリアのエアラインは素晴らしいものだと思います。

チケットを安く手配出来る上に、都合よく必要、不必要を選べる事はスマートなシステムなのではないでしょうか?

海外旅行をする際には、出来るだけスマートな方法で旅費を使いたいものですよね。

更新日:

Copyright© 気になる!海外の機内食ってうまい?まずい?機内食有無の調べ方・時間帯について , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.