気になる!海外の機内食

飛行機に乗る際に楽しみな機内食をチェック

LCC海外格安航空の機内食について・・

海外格安航空券を手配した場合は、機内食が無い場合があります。

特にローコストキャリアのエアラインでチケットを購入した場合は、フライト時間が短い場合も含め、機内食は別で販売という方法を取り入れてる場合があるからです。

また事前にネットから食事は欲しい人は、それにチェックを入れて先に機内食を購入する事も出来るので、それがデータで送られている為、飛行機に乗っている時に機内食は出てきます。

しかしそこで要らないを選択している場合は、料理は出てこないので、食べる事が出来ないのです。

それでは食べ物を持ちこむ事は出来るのでしょうか?

これはローコストキャリアのエアラインにも寄るのですが、機内に食事の持ち込みは出来ませんと表示されているフライトも海外にはあります。

けれども軽食のスナックやお菓子、水のペットボトルなどでしたら持ち込んでもそこまで注意される事はないという事です。

日本発のローコストキャリアのエアラインでも空港のコンビニで購入したからあげやおにぎりを持って入っても大丈夫な場合もあるようです。

フライト時間が短い場合は、多少お腹が空いたとしても、現地に付けば空港で食べる事も出来ますし、目的地のレストランに着くまで我慢も出来るかもしれませんが、長距離のフライトになれば、我慢は辛くなってしまう場合もあります。

そのような人の為に、機内で食べられる食事を現金かクレジットカードで購入出来るというエアラインもあります。

また、海外格安航空券をネット上で買っている時は、食事は必要がない!と思っていても、機内で欲しくなってしまう場合もあれば、他の人が食べている匂いなどでお腹が空いてしまう場合もあるでしょう。ベスト格安航空券もネットで航空券を購入する事ができ、現在人気の航空券販売サイトですが、使用する際の機内食については十分に気を付けてください!

その時には、機内食が売りきれてしまう前に買って食べて置くといいと思います。

また、日本の新幹線のように、お菓子や飲み物を売りにカートが通るというエアラインもあるので、お菓子を買ったり、飲み物やジュースも買う事が出来るので、いいですよね。

機内食は、要らない場合もありますが、欲しいなと思う場合もあります。

しかし要らないのに出てくる場合よりは、欲しい時に購入出来る方が気持ち的にもいいものですよね?

このように臨機応変に対応出来るローコストキャリアのエアラインは素晴らしいものだと思います。

チケットを安く手配出来る上に、都合よく必要、不必要を選べる事はスマートなシステムなのではないでしょうか?

海外旅行をする際には、出来るだけスマートな方法で旅費を使いたいものですよね。

最近のコメント

    アーカイブ