気になる!海外の機内食

飛行機に乗る際に楽しみな機内食をチェック

自然いっぱいの秩父の名所と観光スポット巡り

2017-08-03

秩父は都内からも2時間程度で行ける身近な自然のスポットとなっています。秩父へは池袋から出ている西武鉄道や、熊谷から秩父鉄道を利用のアクセスが主となっています。

秩父での移動はレンタカーが便利ですが、シーズン中は車で大渋滞になるので早め早めの移動がおすすめです。まず向かいたいのは秩父の名所の中でも特に有名な長瀞です。長瀞ではライン下りをできる船場があり、ライン下りをした帰りはマイクロバスに乗って元の場所まで戻ってこられます。

付近には商店街があり、川魚の塩焼きや食べ歩きグルメなどが手軽に味わえます。また、お昼時であれば長瀞駅からは少し離れた場所になりますが、豆腐をメインにした美味しくてヘルシーな食事が味わえる食事処もあります。
のんびり探索を楽しんだあとは、長瀞駅から直線上にある宝登山神社へ向かいましょう。

宝登山神社の脇には宝登山へ登れるロープウェイもあります。こちらは夕方くらいには終了となってしまいますので、なるべく早めの時間に行くことをおすすめします。ただ夕陽を眺めたい方は、混雑を見通して夕焼けより少し早いぐらいの時間に向かうといいかもしれません。山頂からは秩父の雄大な景色が眺められますが、あちこちに植えられた植物を眺めながら散歩を楽しむこともできます。

宝登山を見終えたあとは長瀞方面まで戻り、埼玉県立自然の博物館へ向かいましょう。こちらも夕方頃には閉まるので時間に注意が必要ですが、ここでは秩父の自然の歴史や、秩父に生息していた恐竜の骨格を見ることができます。建物自体はさほど大きくないですが、充実した展示物で子どもから大人まで楽しめるスポットです。紅葉シーズンには近隣の公園でライトスポットが行われます。

日帰りだと全てを回るのは難しいかもしれませんが、絶対に訪れたいのがパワースポットの三峰神社です。日光東照宮を思わせる色鮮やかな社殿や、早朝だけに見られる雲海が有名になっています。こちらでは売店もあるので、地元の品の購入などにもおすすめです。

関連記事

アーカイブ